高梁市の医療法人高梁整形外科医院外観

高梁市の整形外科
医療法人高梁整形外科医院

​基本理念

第1 医療の職責を自覚し清廉誠実を旨とします。
第2 患者様の立場を理解して親切に治療します。
第3 患者様を差別せず平等な治療を心掛けます。
第4 多くの方々を治療出来るように努力します。
第5 勉学研鑽怠らず知識と技術を身につけます。

職員一同一致協力して個々の患者様のために奉仕し、地域医療に貢献します。

地域に根ざした整形外科クリニック

​診療案内

診療科目

整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科

診療内容等

●外傷・骨粗鬆症・関節リウマチの治療
●肩・肘・手に関する健康相談
●脊椎の健康相談
●日帰り手術(関節鏡手術)
 術後入院が必要な場合は近隣の病院を紹介します。
●巻き爪に対する十川式ワイヤー、またはマチワイヤーによる治療
●全身骨密度測定装置による検査
●予防接種(インフルエンザ・新型コロナウイルス)

■運動器リハビリテーションⅢの施設基準(作業療法・理学療法)

提携医療機関

必要に応じ高次医療機関と連携

 

特殊分野

上肢外科

小倉は手の外科専門医ではないが、1000例超の人体解剖経験に裏打ちされた手・肘・肩の知識を臨床に発揮

(下記外来手術項参照)

骨密度測定

全身骨密度測定器(HOLOGIC QDR4500)による腰椎(大腿骨、前腕骨)で測定

実績3000例超

要予約

関節リウマチ

生物学的製剤による治療(平成22年対応開始)

外来手術

手術分野:上肢外科一般

入院施設を持たないため、基本的に入院や全身麻酔や輸血が必要なく、全身状態が不良でない場合に限らせていただきますが、術後他院に入院していただく場合もあります。

肩関節

腱板断裂手術 等

肘関節

肘部管症候群・肘周辺骨折 等

手関節

骨折・腱損傷など外傷・ガングリオン・ケルバン病・バネ指・手根管症候群鏡視下手術など

膝関節鏡

半月板損傷 ほか

巻き爪に対する十川式ワイヤー矯正治療

具体例

関節鏡下手根管開放手術 橈骨遠位端骨折・舟状骨骨折

担当医

小倉 丘

手術日

原則として水曜(午前、午後)

(急患はこの限りにありません)

手首骨折手術
半月板損傷
足の指の巻き爪

全身骨密度測定

短時間で測定する為、患者さんの負担が少ない装置を使います。
骨折頻度の高い領域を中心に、全身の骨密度を高い精度で測定できます。

加齢に伴い、ささいなことで骨折しやすくなるなど、骨粗しょう症発症のリスクも高まります。

・発症の危険因子を抽出する

・骨の現状を評価しリスクを認識する

・治療効果を判定する

これらをもとに患者さんのQOL(生活の質)改善につなげることが可能になります。

●骨粗しょう症について

簡単に言えば、骨量が減り、骨質が悪くなることで骨密度が低下する骨の病気です。

うっかり手をついた、くしゃみをした、など日常的な動作で骨折してしまうことがあります。

患者さん自身が自覚されることはほぼありませんが、進行すると介護状態になる場合もあります。

発症しやすいのは50歳前後から、女性が圧倒的に多いです。

出産や、ホルモンバランスが変化することでかかりやすいともいえます。

骨折しやすいのは手首、足首、背骨、手足の付け根部分です。

また、腰痛だと思い込んでいたら実は圧迫骨折で、気づいた時には周辺の骨まで折れていたということもあります。

元気な骨と元気のない骨のイラスト

骨粗しょう症を進行させないためには、早期発見と早期治療開始が重要だと言えます。

女性の健康寿命は平均寿命より10年以上短いと言われています。

骨粗しょう症がその一因になっている可能性は高いです。

 

●関節リウマチについて

朝起きた時に手の指が動かしにくい、手足の関節が腫れぼったい、熱感がある、じっとしていても関節が痛い、左右に同じ症状がある、などが初期段階です。

この段階で医師の診断を受ければ早期に治療開始でき、悪化を食い止めることも可能です。

症状が進むと関節が変形し日常生活に不自由を感じるようになります。放置すれば全身症状となってしまい、発熱や倦怠感に悩まされることもあります。

介護

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

医院案内

住所

岡山県高梁市本町11-1

電話

0866-22-1531

FAX

0866-22-1525

診療時間

月曜~金曜:9:00~12:00

                 14:30~18:00

土曜:9:00~12:00

        13:30~17:00

休診日

日曜日・祝日、

お盆(8月15日)

年末年始

(12月30日午後~1月3日)

院長

小倉 丘 (医学博士)

昭和50年鳥取大学医学部卒

岡山大学整形外科入局の後、複数の病院に赴任

日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医

医療従事者

看護師4名、(常勤)2名、作業療法士4名(R3.10月現在)

救急医療

在宅当番医制

外国語対応

英語:毎回、翻訳機使用

アクセス

鉄道

伯備線・備中高梁駅徒歩15分~20分、タクシーで5分

バス

広小路停留所・5分未満
紺屋通り停留所・10分未満

国道180号線沿い、方谷橋そば

駐車場

医院前3台(内1台 障がい者優先) 国道側駐車場10台